車のエンジンオイルを交換しないとどうなる?

こんにちは!かわクルちゃんです。今日はクルマの健康を維持しているエンジンオイルについてのお話です。
「オイル交換とかよく分かんないよ」っていうアナタにぴったりの記事なので、この機会にオイル交換についての知識を身につけちゃいましょう!

エンジンオイルって交換しなきゃいけないの?

ディーラーだけでなく、ガソリンスタンドやカー用品量販店のチラシなどでも見かけるエンジンオイル。
ときどき整備士さんがオイル交換をおすすめしてくるんですけど、そもそもオイルって替えなきゃいけないの?っていう疑問があるかもしれませんね。

結論からいうと、「エンジンオイルは交換が必要」です。
エンジンオイルは車のエンジンを動かすためには欠かせない存在で、一定の走行距離や期間ごとに交換が必要なんです。

なぜなら、車のエンジン内ではガソリンが勢いよく燃えて、それを動力にしてエンジンが動いています。
この時、エンジン内は1分間におよそ数百~数千回の高速回転が繰り返されてるんです。1分間で数千回転って・・・そりゃもうメチャメチャ速いですよねw

こうしたエンジン内部の高速回転で部品同士が擦れ合うことになりますので、金属同士が摩擦すると故障する原因になりかねず、その内部をオイルで満たしておく必要があります。
つまりオイルはエンジンを動かすための潤滑油としての役目があります。
それ以外にもオイルでエンジン内を密封し、ガソリンの燃焼に伴う発熱を冷却して、さらにはエンジン内の洗浄や防サビなどと様々な役目を担っているのです。
ただこうしたエンジン内部の状況は非常に過酷で、オイルはエンジンの高速回転や燃焼による高温に晒されることになります。
寿命は意外に短く、定期的に交換する必要性はまさにこの点にあるのですね。

ただこうした知識については実際に知らない方も多いもので、車検の時しか変えていない方もいるのではないですか。
しかし本来交換すべきエンジンオイルを使い続けていると、オイルが段々と減ってしまいエンジンが潤滑不足に陥り、故障の原因になることがあります。
またオイルにはガソリンの燃焼により生じる汚れや、エンジンの部品が擦れた事による鉄粉なども蓄積していく事になります。
走行距離が長くなると共にオイルの劣化も進行するようになるのです。
オイルの劣化は車の燃費性能を落とす事にもなりますので、ガソリンの消費量が増えて車の維持費が増す事にもなりかねず、エンジンオイルを交換する必要性はこうした点にもあるのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

PAGE TOP